「今年1年もまだリハビリだと思って、その中で結果を残したい」

 今季二刀流を復活させるエンゼルスの大谷翔平投手が12日(日本時間13日)、アリゾナ州テンピで行われるバッテリー組のスプリングトレーニングで始動した。2年ぶりに二刀流復帰に向けキャンプ初日を終えた大谷の一問一答は以下の通り。

――初日を終えた感想は?

「1日目なので徐々に上げていければと思う」

――日本ではどのようなトレーニングを?

「肘と膝のリハビリをメインで」

――40メートルのキャッチボールで気になったところは?

「ある程度、距離も強さも球数も決まっているので与えられた範囲の中で復帰の時期までしっかり段取り良くいければ」

――二刀流復帰のプランは?

「スプリングトレーニングもそうですが、シーズン中もある程度、制約がある中でやる感じ。今年1年もまだリハビリだと思って、その中で結果を残したい」

――日本では11日に野村克也氏が亡くなった

「厳しい意見も頂いたこともありますし、個人的に対談した時は暖かい言葉かけてもらった。自分が感じたことに対してストレートな言葉をもらえるのですごく勉強になった。選手としても成長させてもらった」

――昨年の12月は8割で投げられると言っていたが

「不安はなくはない。バッターが立つか立たないかで違う。全く不安がないというわけではない」

――GMは5月ぐらいに復帰と話していた

「ある程度、制約があるので。その中でどこの時期に復帰するかでどこまでシーズン投げられるか変わってくる。与えられたところでしっかりやっていきたい」

――オフに膝を手術したが打撃の調整具合は?

「メニューとしては例年通りできたかなと。去年のシーズン中はウエート、ランニングをそんなにできなかった。そこを含めたらある程度できることも増えた。そこをオフシーズン色々やれたかなと思うので満足しています」

――打撃練習は室内で行った、日本でも外では打っていない?

「外では打ってない」

――今のテーマは?

「まだまだフィジカルメイン。実戦入って来て、フィジカルと技術を噛み合っていければ」

車の免許取得も「普通は遅いと思いますけど(笑)」

――キャンプインで気持ちは?

「特に例年とは変わらない、1年1年が勝負。1年目はちょっと投げましたけど、僕の中では投げてないのに等しいので、ローテションで回れるようにしっかりやりたい」

――去年は投げて、打ってができなかったがキャンプ初日を迎え

「フィジカルメインでやってきて、初日しっかりまず全体練習に入っていけたのはいいことじゃないかなと。これを継続しながら練習のレベルを上げていければ」

――投手、野手の開幕日は違うがキャンプで心がけることは?

「キャンプはそんなに変わらないかな。シーズン入った時に下(マイナー)で投げることもあるので、移動とかタイムスケジュールとかは難しいのかなと思っています」

――打撃練習、右足を上げていた

「色々、試しながらいきたい」

――全力投球のメドは?

「どのぐらいキャンプでブルペンに入るかまだ正確には決まってないので。ある程度、逆算して決めていく感じかなと。毎日、毎日、キャッチボールと張りを確認しながら」

――トミー・ジョン手術は球速が上がると言われているが

「復帰1年目からそんなになることはないと思っている。まだまだリハビリだと思っている。試合で投げる以上は抑えにいきますけど、そういう心持でもいいのかなと思っている。まだまだリハビリ中という心持と、試合なので100%でしっかり抑えにいくというバランス」

――自ら車を運転してキャンプイン、さらに自立した?

「普通は遅いと思いますけど(笑)。手術明けでやることなかったので(免許)取りましたけど。(世界は)何も変わらないですね」

――運転は怖い?

「そんなに怖くはない。こっち(道が)広いですし」

――マドン新監督になった

「ピッチャーはディフェンスもしっかりやってほしい。クイックとかそういうとこよりもフィールディングなど守備全般、一塁へカバーリング全力で走るとか。そういうところを練習からやってほしいと言っていた。そういうところは日本っぽいなと思う」

――制約はあるが、フィジカルは100%?

「膝もまだリハビリというか筋力的にも100ではない。ウエートやってても感じる。こっからもっともっと上げれればいいなと。いきなり100を求めるのではなくて徐々に徐々にと個人的には。皆さんは求めていいと思いますが、僕の中ではしっかりそういう気持ちでやっていきたい」(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)