DeNAとの練習試合に先発し3回2安打無失点「真っすぐでどれだけ抑えられるか」

 中日の小笠原慎之介投手が13日、DeNAとの練習試合(北谷)に先発し3回2安打無失点の好投を見せた。

 初回を3者凡退、その後も走者を許しながらも女房役・加藤の助けもあり予定されていた3イニングを2安打無失点。直球とチェンジアップのみでDeNA打線を封じた左腕は「結果は0で良かったと思いますが。まだまだ自分の思っているピッチング、体の使い方がまだまだなのでもう少し練習しようかなと思う」と振り返った。

 この試合のテーマは直球。対外試合初登板を「真っすぐでどれくらい抑えられるか。上手く、タイミング合えばいいボールがいくのですが。力んだり胸が開いたりするので、そこは練習で直していきたい」と、今後の課題を口にしていた。(Full-Count編集部)