B組から参加した松本裕は最速151キロをマークしA組昇格をアピール

 ソフトバンクは宮崎キャンプ第3クール最終日の13日、今キャンプで初の紅白戦を行った。開幕1軍の枠を争う競争がいよいよ本格化。5イニングの試合だったが、早速、初戦からアピールに成功する若手が目についた。

 まず、強烈なインパクトを残したのが、打撃投手、シート打撃と好投を見せていた古谷優人投手。白組の先発投手として登板すると、2イニングを投げて1人の走者も出さず、パーフェクトに封じた。この日は最速153キロをマーク。課題の制球も安定し「打撃投手、シート打撃で良いピッチングができて、3回目もコントロールが安定した投球ができた」と納得の表情だった。

 投手ではもう1人、B組から紅白戦に参加した松本裕樹投手が光った。白組の3番手で登板すると、1イニングをきっちり3者凡退に。九鬼隆平捕手の打席で最速151キロをマークし「今日はバランスが良かった。良い感じでバランス良く投げられました」とコメント。A組昇格へのアピールに成功した。

 打者では育成選手から支配下昇格を目指す砂川リチャード内野手が気を吐いた。白組の「10番・三塁」で出場すると、第1打席で泉圭輔投手から左中間フェンス直撃の三塁打。打った瞬間は本塁打かと思われる打球だったが、残念ながら失速。それでもキャンプ初実戦で、持ち味であるパンチ力を発揮し、ファンからの大きな歓声を浴びた。

 そしてもう1人が真砂勇介外野手。紅組の「5番・右翼」で出場すると、4回2死で中堅バックスクリーンへと飛び込む特大のソロ本塁打を放った。右のギータ(柳田悠岐)という意味の「ミギータ」の愛称で呼ばれながら、なかなか芽の出ていない大砲候補。1発でアピールし「割り切って打席に入ることができました」と振り返っていた。

 紅組の先発投手を任された育成の尾形崇斗投手は、甲斐拓也捕手に左中間スタンドへ飛び込む2ランを浴びるなど、2回1安打2四球で2失点とアピールとはいかなかった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)