動画には打席に立ち活躍する前田も、その“打撃力”も惜しい?

 ドジャースの前田健太投手が交換トレードでツインズへ移籍することが決まった。2016年から4年間を共にしたドジャースもその別れを悲しみ、“惜別”動画を制作し公開。ドジャース公式Youtubeに投稿されると、ファンからも悲しみの声があふれた。

 ドジャースからは前田の他、アレックス・ベルドゥーゴ外野手がレッドソックスへ移籍する。2人との別れを惜しむその動画には、前田がマウンドで雄たけびを上げ、気迫あふれる投球をし、そしてガッツポーズをする姿が。さらには打席に立ち、長打を放つ姿も。2016年にはMLBで自身初の本塁打を放ち、昨季は打率.250とした前田の“打力”にもスポットライトを当てた。

 このムービーにはファンも「2人のことをこの先恋しく思うよ」「ご武運を。素晴らしい2019年をありがとう…」「君たちのことで寂しくなるね」「皆君たちに会いたくなるよ」「ケンタはプレーオフになるといつもビーストのようだった」と寂しさを露わに。

 これまで先発ローテとして活躍してきただけでなく、プレーオフではリリーフに回り、2017年に9試合登板で防御率0.84。2018年も8試合に救援登板し防御率4.05、そして昨年も4試合で防御率0.00と強さを見せてきた。プレーオフでも圧巻の成績を残してきた前田との別れが惜しくなるのも無理はないか。(Full-Count編集部)