野村氏の著書を愛読「凄い勉強になることも沢山ありました」

 ドジャースからツインズにトレードで移籍した前田健太投手が13日(日本時間14日)、フロリダ州フォートマイヤーズで行われているバッテリー組のスプリングトレーニングに合流した。新天地でのキャンプ初日を終えた右腕は11日に急逝した野村克也氏の思いを問われ「凄く野球界にとって寂しいニュース」と語った。

 初日から約40メートルの遠投、ブルペン捕手を座らせ平地で変化球を交えながら投球練習を行うなど充実したキャンプ初日を終えた右腕は「いい緊張感がありながら楽しく練習できたと思います」と笑顔で振り返った。

 日本では11日に野村氏が急逝。南海、ヤクルト、阪神、楽天で歴代5位となる通算1565勝を挙げた名将の突然の死に「凄く野球界にとって寂しいニュースなので。聞いた時は凄くびっくりしましたし驚きました」と語った。

 野村氏の著書を愛読していたことを明かし「直接きちんとお話したことっていうのはほとんどないんですけど、野村さんの本とかが僕大好きで、あんまり本をたくさん読むタイプではないんですけど。野村さんの本というのは凄い好きでたくさん読んでいたので、凄い勉強になることも沢山ありました」と振り返っていた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)