日ハム快勝、決勝弾レアードが栗山監督にメッセージも…「意味不明です」

日ハム快勝、決勝弾レアードが栗山監督にメッセージも…「意味不明です」

ヒーローインタビューで喜び爆発、執念の継投には「どうしても勝たなきゃいけない試合」

 日本ハムは20日、本拠地でのオリックス戦に7-3で勝利した。先発・有原が3回にT-岡田に逆転3ランを浴びたが、その裏にレアードの12号2ランで逆転。有原は7回途中9安打3失点と苦しみながら、粘りの投球で自身3連勝を飾った。打線は着実に加点し、救援陣もリードをしっかりと守った。

 試合後のヒーローインタビューでは、レアードの喜びが爆発。栗山英樹監督に大きなアクションでメッセージを送ったものの、指揮官は「意味不明です」と苦笑。宮西、谷元、増井とつないで執念の継投については「どうしても勝たなきゃいけない試合なので」と振り返った。

――連日10安打を放っての勝利。

「一つずつ勝たないといけないので、チーム状況がどういう感じだとかあまり考えてないですけど、一つ勝てたので良かったです」

――石井選手が初の猛打賞と2本のタイムリー。

「最初いい形で入ったけれど、当然プロ野球はそんなに甘くないので、いろいろ苦しみながら、ああいう形で結果を出せたのはいいこと。自信につなげてほしい。持っているものは大きいので、これからもっともっと出してもらえたら」

――レアード選手が逆転のホームラン。

「追い込まれ方が悪かったし、心配していましたけど、逆転されてすぐ追いつくのは重要なのでね。まずは1点どうしても欲しかったところ。良かったですね」

――ヒーローインタビューでは何かアクション、メッセージが送られていたが。

「すみません、意味不明です」

――有原投手の出来について。

「本当に最後よく粘ったなという感じ。ただ、僕らがどうのうこのじゃなくて、本人が納得する内容ではないと思う。そのあたりをどうやって修正していくのか、方向性出してやってくると思う。まずは勝ちがついたのは良かったし、3点取られたけど、打たれながらも粘りきれた部分もあるので」

――宮西投手、谷元投手、増井投手の継投について

「どうしても勝たなきゃいけない試合なので」

――オリックスに連勝し、あす4位に並ぶかもしれない。あすに向けて。

「何度も言うように、あしたの試合すべてをしっかりやっていきます」

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索