楽天ドラ3田中、プロ初弾が決勝2ラン 梨田監督「トリプルスリーも狙える」

楽天ドラ3田中、プロ初弾が決勝2ラン 梨田監督「トリプルスリーも狙える」

延長12回に劇的な決勝弾、敵捕手の驚愕「あのスイングはすごかった」

 楽天ドラフト3位のスイッチヒッター田中和基外野手のバットが、20日のロッテ戦で風速9メートルのマリンの逆風を強烈に切り裂いた。

 前夜の9回代走で涌井の初球に二盗を成功させ、その後に生還して延長に持ち込んだ思い切りのいいプレーが評価されてプロ初スタメンに抜擢。そして、代打アマダーが敬遠気味に歩かされた0-0の延長12回2死一塁の場面で、フルカウントからロッテのルーキー土肥の137キロ直球を左翼席最前列に叩き込み、決勝2ランとした。

「ボールは見えなかった。感触が良くて、いったかなと思った。あの打席では、一番リラックスして、普段通りに打席に入れた」と田中。延長に入るまではガチガチで、3回、5回、7回と3打席連続三振。4打席目の延長10回にルーキー有吉からボール気味の141キロ直球を左中間二塁打として、一気に覚醒した。

 同じ立大終身の長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督は、4打席4三振のプロデビュー。「長嶋さんにはなれなかったね」と笑う梨田監督も「いいものをもっている。身体能力が高い。守備もこなすし肩もいい」と50メートル5秒89の足と、遠投120メートルの肩に加えて、一発の魅力がある好素材に「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)も狙える」と頬を緩めた。

 3三振は左打席だったが、プロ初アーチは右打席。イースタンでは18試合に出場して4本塁打で、2本が右打席でのもの。ルーキーに痛い一発を浴びたロッテの田村捕手は「土肥もストレートで勝負したかったようだし、配球は間違っていないと思うが、2球目、3球目のファール、あのスイングは凄かった」と驚いた。田中にとって、理想のスイッチヒッターはチームメートの松井稼頭央で「あのきれいなスイングを真似したい」と大先輩の背中を追い求めていた。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索