ホークス育成・渡邉雄が1軍合流、本拠地デビューへ「左打者は抑えないと」

 ソフトバンクの育成左腕・渡邉雄大投手が20日、1軍に合流。この日からのロッテとの練習試合3連戦で登板する可能性が高い。

 2日前に倉野信次ファーム投手統括コーチから「3日間は1軍で投げてこい」と言われたという渡邉雄。「急で予定してなかったのでびっくりです」としながらも「チャンスをもらえたので頑張ろうと思っています」と意気込みを見せた。

 工藤公康監督は「ファームでいいと報告を受けた」と話していたが、渡邉雄自身も「だいぶいい感覚で投げれています」と自信を見せる。昨年まで大きめの変化を見せていたスライダーを「まっすぐに寄せて、小さく鋭く変化するように」進化させ、手応えを感じているという。

 育成同期の尾形崇斗投手、リチャード内野手が支配下登録を勝ち取ったばかり。「(育成同期では)僕と日暮(矢麻人外野手)だけになったので、頑張ろうなと話していたところ。尾形とリチャードとは3軍で一緒にやって、彼らが努力する姿を見てきた」と、いい刺激を受けたと話す。

「頑張ってアピールしたい。左の横投げなので、左打者は絶対に抑えないといけないし、右打者にも簡単に打たれるわけにはいかない。やってきたことを出すだけです」と、独立リーグ出身の左腕は対外試合初となるPayPayドーム登板に強い意欲を示した。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)