4番の山川が3打数3安打3打点と大活躍

 西武は20日、メットライフドームで日本ハムとの練習試合に5-2で勝利した。本来ならば開幕戦だったこの日、西武は開幕投手が予定されていたニールが体調不良を訴えたため、ドラ2ルーキー浜屋が先発マウンドに。対する日本ハムは“予定通り”有原が先発した。

 初回、いきなり金子、源田、森の3連打で無死満塁とすると4番の山川が犠飛を放ち先生。後続は続かず1得点に終わった。同点に追いつかれた3回にも再び山川が無死1塁から適時二塁打を放ち、再度リードを奪うと、4回にもこれまた山川が2死一、二塁から左適時打を放ち、加点した。7回には川越の犠飛、鈴木の適時打で2点追加するなど打線は5得点ながらも16安打と爆発した。

 投げては先発のドラ2左腕・浜屋が2回に1死満塁のピンチで押し出し四球を与え1点を献上するも後続を断ち4回1失点と上々の投球。その後は継投でリードを守り、最後は増田が締めた。

 対する日本ハムは先発の有原が4回3失点で10安打を浴びるなど乱調だった。打線も2得点と見せ場なく終わった。(Full-Count編集部)