7年連続シーズン200奪三振をマークしていたセールがトミー・ジョン手術を決断

 レッドソックスのクリス・セール投手が左肘内側側副靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けることになり今季絶望となった。7年連続シーズン200奪三振を記録するなど通算109勝左腕の離脱にファンも悲しみの声を上げている。

 球団はこの日、セールがトミー・ジョン手術を決断したことを発表。セールは昨年7年連続となるシーズン200奪三振を達成したが、6勝11敗、防御率4.40。終盤は左肘に違和感を訴えてIL入りしシーズンを終了していた。今春のスプリングトレーニングでも左肘痛が再発し経過を見守っていたところだった。

 MLB公式インスタグラムも「レッドソックスはクリス・セールが左肘にトミー・ジョン手術を受けると発表」とのタイトルで最強左腕の手術を伝えた。早くても復帰は2021年以降になりファンも悲しみの声を上げていた。

「酷いニュース」

「残念」

「最悪!」

「ノーーーーーーー」

「オーマイゴッド」

「よくなってね!」

「また2021年に」

 スリークォーターから最速100マイル(約161キロ)の直球と鋭く曲がるスライダーを武器に通算312試合に登板し、109勝73敗12セーブ、防御率3.03をマークしているセール。ファンは“ドクターK”の復帰を心待ちにしている。(Full-Count編集部)