ロッテ種市のボールを捉えると打球は左翼スタンドへ

 ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が、特大の一発を放った。21日にPayPayドームで行われたロッテとの練習試合。2回の第1打席で左翼スタンド中段に突き刺すソロ本塁打を放った。

 打った瞬間にホームランと分かる完璧な一発だった。1点ビハインドの2回。前日は欠場し、この日「4番・DH」で復帰したバレンティンが特大のアーチをかけた。ロッテ期待の右腕・種市のボールを捉えた瞬間、バレンティンは本塁打を確信。打球の行方を悠然と見つめ、ゆっくりと走り出した。打球はスタンド中段へ。強烈な一撃となった。

 ダイヤモンドを一周すると、ベンチ前ではチームメートとハイタッチ。そして、カメラに向けて両手を顔の横でクルクルとさせて「ピーポーピーポー」。ホークスでのパフォーマンスをしっかり決めた。「打ったのはストレート。すぐに追い込まれてしまったけど、ストレートをコンパクトに振り抜く事が出来た。完璧だったよ」と、この一打を振り返っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)