ドラフト2位ルーキーの坂本を援護するファインプレー

 DeNAの柴田竜拓内野手は21日、東京ドームで行われた巨人との練習試合(東京ドーム)でドラフト2位左腕・坂本を助ける美技を見せた。

 0-0で迎えた3回の守備、先頭・陽岱鋼の痛烈な当たりは一、二塁間へ。二塁の柴田がダイビングキャッチ。素早く一塁へ送球し、悠々とアウトとした。

 昨年はネフタリ・ソト外野手や伊藤裕季也内野手、中井大介内野手らと二塁を競い合った柴田。春季キャンプでは守備の名手として知られるオマー・ビスケル特別コーチに師事を仰ぎ、定位置獲得に闘志を燃やしていた。その成果が“幻の開幕戦”となったこの日に発揮されたようだ。(Full-Count編集部)