ダルビッシュの女房役・コントレラスが開幕に向けユニークな打撃練習を公開

 新型コロナウイルスの感染拡大でメジャーリーグはスプリングトレーニングが中止、開幕も延期となった。選手たちは各自でまだ見ぬ開幕に向け調整を行っているが、カブスのウィルソン・コントレラス捕手は“珍トレーニング”で実戦感覚を養っているようだ。

 2年連続でオールスターに出場するなど2019年は105試合に出場し打率.272、24本塁打64打点をマークし強肩強打の捕手として活躍するコントレラス。自身のツイッターでは「僕と弟は2020シーズン開幕に向けて、準備万端のままでいる方法を見つけたよ」と綴り、トレーニング動画を公開している。

 公開された動画は弟ウィリアムが玩具の銃をかっ飛ばし、コントレラスがその“剛速球”を打ち返す“珍トレーニング”。玩具の銃から放たれる小さなボールは伸びのあるスピードボールだが、コントレラスは的確に打ち返している。ユニークなトレーニング方法にファンも大絶賛。

「素晴らしい、ツイッターで共有ありがとう」

「気に入ったよ!」

「これは素晴らしいね」

「ウィリーはビースト!」

「ウィルソン!!!!」

「ガレージをへこませちゃダメよ!」

「確かに名案だ」

「練習は常にする必要あるけど、たまには楽しみながらすることも大事ね!!!」

「どこでその“銃”を手に入れられるの?」

 遊びを加え開幕に向けトレーニングを続けるコントレラスにファンも「素晴らしい」「確かに名案だ」と称賛の声を上げていた。(Full-Count編集部)