高津監督の一言が背中を押した「ゾーンに投げてくれればいい」

 今季ヤクルトに加入した長谷川宙輝(ひろき)投手が圧巻の投球を続けている。20、21日の阪神との練習試合でいずれもセーブシチュエーションで9回に登板。ともに難なく3人で退けて“2試合連続セーブ”をマークした。昨季まで3年間をソフトバンクの育成選手として過ごした左腕が、新天地で素質を開花させようとしている。

 虎打線を完璧に牛耳った。長谷川は20日、3点リードの9回に登板。最速150キロをマークした速球を前面に押し出し、僅か7球で荒木を三ゴロ、高山を遊飛、原口を遊ゴロに仕留めた。連投となった21日は1点リードとプレッシャーのかかる場面だったが北條、荒木を連続空振り三振で退け、植田を遊ゴロに打ち取った。最速151キロの速球に、140キロ台を計測したチェンジアップ、スライダーが冴え渡った。

 昨季のチーム防御率はリーグワーストの4.78。投壊に泣いて最下位に甘んじたヤクルト投手陣の救世主として期待される左腕は「去年までは委縮して投げていた。高津監督の一言が大きかったです」と振り返る。

 東京都出身。中高一貫の聖徳学園高で学んだ左腕は2016年ドラフト会議で育成2位でソフトバンクに指名されたが、力を思う存分に発揮できず3年間を過ごした。問題は制球力だった。「ストライクを投げなきゃという意識が強すぎました」。ソフトバンクの育成での再契約打診を断って支配下契約したヤクルト。高津監督の金言が、現在の姿の引き金になった。「『大体ストライクゾーンに投げてくれればいい』と言っていただいて。気持ちが楽になった」と語る。

少年時代から憧れの存在、青木との“共闘”に胸躍らせる「僕にとっては神様…」

 もちろん準備も万端にして今季に備えた。昨年12月は広島県でソフトバンク松本裕、楽天森原らと同自主トレを敢行。今年1月には、ソフトバンク千賀滉大投手がプロ1年目から師事する、鴻江寿治トレーナー主宰の「鴻江スポーツアカデミー」の合同自主トレに初参加した。

 今季は巨人の菅野智之投手も参加。投球フォームを修正したことが話題になったが、長谷川も例に漏れなかった。目から鱗が落ちたという。「これまでは軸足(左足)にしっかり体重を乗せることを重視していましたが、体が突っ込むくらいでいいと教えていただいて、意識が180度変わりました。右サイドを意識して投げることで変わったと思います」。今月3日、PayPayドームで行われたオープン戦で古巣ソフトバンク相手に自己最速153キロをマーク。意識の変化が、結果に結び付いている。

 ブレークの要素は、これだけではない。憧れの球団で、憧れの選手をバックに投げることがモチベーションにつながっている。小中学時はヤクルトのファンクラブに加入。小平市の自宅から神宮球場や東京ドームに足繁く通って声援を送った。「小学3、4年から中学2年生くらいまでよく行きました」と振り返る。

 憧れの選手は青木だ。長谷川は先日、自身のツイッターを更新。小学校の卒業文集を公開して“青木愛”を明かしていた。そんなレジェンドとの共闘に、左腕は感激と興奮を隠せない。「僕にとっては神様のような存在。自分の野球人生の中で絶対に欠かせない人です」。そんなレジェンドプレーヤーが気さくに声を掛けてくれることに日々身を震わせている。「今日も『ナイスピッチング』と声を掛けていただいて…もう夢のようです」。

 地元東京で水を得た魚のように実力を発揮し始めた左腕。大ブレークの予感がする。(片倉尚文 / Naofumi Katakura)