エ軍番記者アルダヤ氏が二刀流・大谷の才能に太鼓判

 エンゼルス・大谷翔平投手が米メディアから「最高のアスリート」として太鼓判を押された。米メディア「ジ・アスレチック」が公式ツイッターに投稿した「直に見たことがある中で最高のアスリートは?」との問いかけに、同メディアでエ軍番記者を務めるファビアン・アルダヤ記者が反応。「単純に生まれ持った才能のことかな? ショウヘイ・オオタニだよ」と回答している。

 アルダヤ記者はメジャー移籍1年目の18年から大谷を追っている。アルダヤ記者は日頃から大谷のプレーや言動を伝えるだけでなく、スイングした際にヘルメットを落とした回数をカウント。マニアックな一面も持つ。

 エンゼルスにはトラウト、プホルスら錚々たるメンバーがいるが、今季中の二刀流復活を目指す大谷のアスリート力を高く評価しているようだ。(Full-Count編集部)