「観戦にあたりましては、マスクの着用等を通じた予防を引き続きお願いいたします」

 沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」は23日、3月31日のシンバホールディングス戦、4月1日の沖縄電力戦を有観客開催として実施すると発表した。

 琉球は3月11日から沖縄県内のチームと試合を戦う「沖縄シリーズ」を開催している。この日「2月29日のオープニングゲームから無観客試合として開催してきましたが、第3戦より、沖縄県知事の発言および沖縄における現状を鑑みまして、観客動員の元で試合を行うことと致します。観戦にあたりましては、マスクの着用等を通じた予防を引き続きお願いいたします」と発表し、沖縄シリーズ第3戦となる31日の試合から、観客を動員した形で試合を行うことになった。

 31日のシンバホールディングス戦は浦添市民球場、4月1日の沖縄電力戦は宜野湾市立野球場で行われ、スタンドは無料開放となる。(Full-Count編集部)