藤川はあと38ホールドで史上初の200セーブ&200ホールドに

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となったプロ野球。新たな開幕日がなかなか決まらない2020年のシーズンだが、今季も様々なマイルストーン(記録の節目)を迎える選手がいる。中には多くの連盟表彰記録を控えている選手もいる。

 そこで今季の達成が予想、期待される主な記録を見ていきたい。今回は投手の記録だ。

○藤川球児(阪神)
・250セーブ(過去3人)現241セーブ あと9
・200ホールド(過去3人)現162ホールド あと38
・1000投球回(過去356人)現922回 あと78

「松坂世代」の1人で、7月21日に40歳になる藤川。史上3人目の250セーブまであと「9」に迫っている。名球会の入会条件は250セーブ以上だが、NPB起算であれば日米通算でも入会は可能なので、MLBで2セーブを挙げている藤川は、名球会入りまではあと「7」となる。昨季はシーズン途中からクローザーとなり16セーブを記録しており、大いに期待できる。

 また、あと38ホールドをマークすれば、200ホールドに到達する。これまでのプロ野球界で200セーブ&200ホールドを記録した投手はいないだけに、この記録にも注目したい。昨季は23ホールドだった。クローザー専念となれば、ホールドは伸びないが、今季はどう起用されるか。

○五十嵐亮太(ヤクルト)
・100セーブ(過去32人)現70セーブ あと30
・200ホールド(過去3人)現163ホールド あと37
・1000奪三振(過去150人)現920三振 あと80

 5月28日で41歳になる五十嵐だが、ソフトバンクからヤクルトに移籍した昨季も45試合に登板した。NPBで100セーブと100ホールドを達成したのは藤川球児(241セーブ162ホールド)、武田久(167セーブ107ホールド)、平野佳寿(156セーブ139ホールド)、増井浩俊(163セーブ152ホールド)の4人。五十嵐は5人目になる可能性がある。数字的には厳しいが、期待したいところだ。

○内海哲也(西武)
・150勝利(過去48人)現133勝 あと17
・2000投球回(過去89人)現1969回 あと31
・1500奪三振(過去55人)現1496三振 あと4

 巨人時代は球界を代表する左腕だった内海。昨年、炭谷銀仁朗の人的補償で西武に移籍したが、1軍登板なしに終わった。投球回や奪三振数などは大きな数字が残っているわけではないが、今季、達成できるだろうか。

西武に復帰した松坂には1500投球回と1500奪三振の可能性が

○サファテ(ソフトバンク)
・500試合登板(過去101人)現427登板 あと73
・250セーブ(過去3人)現234セーブ あと16

 股関節の手術の影響で昨季は1軍登板のなかったサファテだが、オープン戦では3試合3イニングを無失点。藤川同様、名球会入りの基準である250セーブまで残り16セーブとしている。外国人での名球会入りとなれば、現DeNA監督のアレックス・ラミレス以来2人目となる。

○松坂大輔(西武)
・1500投球回(過去178人)現1464.1回 あと35.2回
・1500奪三振(過去55人)現1410奪三振 あと90

 今年から古巣の西武に復帰した松坂。オープン戦では2試合6イニングを投げて自責点2とまずまずの成績だった。9月13日に40歳になるが、松坂世代の代表として、雄姿を見せてほしいものだ。

○増井浩俊(オリックス)
・200セーブ(過去6人)現163セーブ あと37
・200ホールド(過去3人)現152ホールド あと48

 NPB史上で誰も記録していない200セーブ&200ホールドは、藤川だけでなく増井にも可能性がある。増井の場合は双方に大きな数字を残しているので、今年同時に達成することはできないが、今後達成することは可能だ。昨季は不振で期待を裏切っただけに、どちらか1つをクリアすることを目指したい。

○西勇輝(阪神)
・100勝利(過去137人)現84勝 あと16
・1500投球回(過去178人)現1391.2回 あと108.1回

 昨季オリックスからFA移籍し10勝をマーク。今季は開幕投手に決まっていた。今、脂の乗り切った盛りであり、2つの記録ともに今季のクリアの可能性はあるだろう。

○益田直也(ロッテ)
・500試合登板(過去101人)現472登板 あと28
・100セーブ(過去32人)現88セーブ あと12

 ロッテのクローザー益田も節目の記録達成を控えている。昨季は27セーブをあげており、同じような働きができれば、2つの記録は十分にクリアできるだろう。

○吉見一起(中日)
・100勝利(過去137人)現89勝 あと11
・1000奪三振(過去150人)現835三振 あと165

 最多勝2回を誇る元エースだが、昨季は1勝止まり。2桁勝利から8年遠ざかっており、記録の達成は難しいか。投手の節目の記録は、救援投手の方が多い。今のプロ野球の傾向を反映しているといえるだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)