石井、横尾ともに都内在住の一般女性と入籍した

 日本ハムは24日、石井一成内野手が都内在住の25歳の一般女性と3月に、横尾俊建内野手が都内在住の20代の一般女性とそれぞれ入籍したと発表した。共に入籍日は非公表としている。

 日本ハムはこの3月、結婚ラッシュとなっている。18日に加藤貴之投手、有原航平投手の入籍が発表され、21日には石川直也投手も入籍を発表。そして、この日の石井と横尾と、実に3月だけで5人目の入籍発表となった。昨年末には斎藤佑樹投手も結婚を発表している。

 人生の伴侶を得ることとなった石井は「このたび、入籍することになりました。妻はじめ、ここまで支えてくれた方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。これを機により一層活躍できるように精進していきます。これからもどうぞよろしくお願いいたします」とコメントを発表。横尾も「何がなんでも結果を残さなければいけないという年に、入籍させていただき身が引き締まる気持ちです。これからは支えてくれる妻のためにも一生懸命野球に取り組んでいきたいです」と球団を通じてコメントした。(Full-Count編集部)