ロッテ福田光は佐々木朗の最速157キロを体感した「怖いな。当てられたら嫌だな」

 ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手(大船渡高)が24日、初めてフリー打撃に登板。打者相手に直球のみ25球を投じ、最速157キロをマークした。そのうち15球は同期入団でドラフト5位の福田光輝内野手(法大)との“対戦”で、左中間席への柵越えもあった。福田光と報道陣との主な一問一答は次の通りだ。

――佐々木朗の投球の印象は。
「高めの球は今まで見たことがないくらい速くて、ボールが小さく見えました。まだ調整段階だと思うので、真ん中付近はバットには当たるかな、という感じでした」

――他のプロの投手と比べてどうか。
「角度がありますし、ボールの回転がきれいなので速く見えましたし、打席に入る前から(投球練習で)158キロという表示を見て、『怖いな。当てられたら嫌だな』と思いました」

――左足を高く上げる投球フォームについて。
「バッターは基本的に受け身だと思うんですが、ああいうダイナミックなフォームには圧倒されるというか、なおさら受け身にさせられた気がします」

――それでも、柵越えを放つなど、しっかりとらえていた。
「いいえ、まっすぐだけなんで。(柵越えは)たまたま芯に当たっただけです」

――フリー打撃終了後、チームメートと話をしていた。
「自分たち(野手陣)もブルペンに見に行ったりはしないので、初めて生で佐々木の球を見た。『ホンマに速かったか?』とか、そんな会話です」

「あんなに強い球を投げてくる投手は対戦ない」「距離が近く感じて圧倒された」

――アマチュア時代を含め、これまで対戦した投手と比較してどうか。
「高さもあって、あんなに強いボール投げてくる投手は対戦したことがない」

――打った感触は。
「回転もきれいで、バットを押し込んでいかないと、打撃ケージから出ていかないファウルになる感じでした」

――終了後、佐々木朗と会話を交わしたか。
「はい。球筋はどうでしたかとか……。ガチな勝負ではないんで、高めはこうやったとか、低めはこういう球やったとか話しました」

――球質は、ズドンとくる重い球か、それとも伸びてくる感じか。
「ズドンと来ているんですが、あまりにもボールの回転がきれいで、ベース板でも伸びるような感じです」

――柵越えを含め、左方向への打球がほとんどだった。
「投球練習を見ていても、引っ張れる気がしなかった。打つならセンターから向こうだと思っていました」

――佐々木朗の表情は。
「朝、ロッカールームで気合い入っていたので、自分も負けないようにしっかり打っていこうと思いました」

――打席から見て威圧感があったか。
「身長もデカいですし、手足が長い分、距離が近く感じて圧倒されました」(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)