ドラ6の小川は2回を1安打無失点、小野寺は2安打3打点

 阪神は24日、敵地・横浜スタジアムでDeNAと練習試合を行い、9-5で逆転勝利した。2回までに3失策と守備が乱れたが、新助っ人のサンズが3ランを含む4打点、育成の小野寺が2安打3打点と活躍した。

 初回にサンズの3ランで先制した阪神。2回に三塁に入ったマルテのこの日2個目のエラーと糸原のエラーが絡んで、先発の高橋遥が大量5点を失って逆転された。だが、7回に陽川のホームスチールで同点に追いつくと、小野寺の右前適時打で勝ち越し。9回にも小野寺は2点適時二塁打を放った。

 先発の高橋は4回6安打5失点だったものの、エラー絡みのため自責点は0。2番手でドラフト6位ルーキー小川が2回を1安打無失点に封じる好投を見せた。サンズが4打点と結果を残し、小野寺と小川という若虎がアピールする収穫のある試合となった。

 DeNAはオースティンが2打点と気を吐いたが、先発の平良が3回3失点、2番手の浜口が2回1失点、3番手の櫻井が2回2/3で2失点と投手陣がピリッとせず。9回に登板した5番手の斎藤も1イニングで3点を失った。(Full-Count編集部)