第1、2打席は「とにかく振って行こうと」、第3打席は「しっかり狙い球決めて」

 中日のドラフト1位ルーキー・石川昂弥内野手が25日、ナゴヤドームで行われた巨人との練習試合に「3番・三塁」でスタメン出場。1軍デビュー戦は3打数無安打、2三振に終わった。試合後は「しっかりと積極的に振っていくことができたので、いい経験になりました」と振り返った。

 注目の1軍デビューで快音は聞こえなかった。初回の第1打席で三ゴロ失策で出塁し、第2、第3打席は直球に対応できず空振り三振に倒れた。

 それでも試合後は「打てなかったですけど、しっかりと積極的に振っていくことができたので、いい経験になりました。勉強になりました」と、本拠地・ナゴヤドームでの1軍デビューを振り返った。

 第1、第2打席は「振らないとヒットにもホームランにもならないので、とにかく振って行こうと」と、積極的にバットを振っていったが、第3打席は一転して待ちの姿勢。その意図については「しっかり狙い球決めて打席に入っていたんですが、それが打てなかったのでそれが自分の課題。打てるバッターはそこでしっかり打てるので」と口にした。

 今後については「しっかり2軍で今まで以上の結果を出してまた呼んでもらえるように全力で頑張ります」と、課題を消化し再び1軍の舞台でプレーすることを誓った。(小西亮 / Ryo Konishi)