2016年4月6日のパドレス戦でメジャーデビュー、6回無失点&初ホームランの衝撃デビュー

 村上雅則、マック鈴木、野茂英雄、松坂大輔、田中将大、ダルビッシュ有、大谷翔平らこれまで数多くの日本人投手が世界最高峰の舞台・メジャーリーグに挑戦してきた。その中でもデビュー戦で打者としても注目を浴びた選手がいる。今年からツインズに移籍した前田健太投手だ。

 前田は2015年オフに広島からポスティングシステムを利用してメジャー挑戦を表明。翌2016年1月にドジャース移籍が決まると4月6日のパドレス戦で初登板初先発。6回5安打無失点の好投を見せメジャー初勝利を手にした。さらに打者としても4回の第2打席で左翼席に豪快なソロを叩き込み投打で活躍し衝撃のメジャーデビューを飾った。

 日本人投手がメジャーデビュー戦でホームランを放つのは勿論、史上初の快挙だった。この衝撃のメジャーデビュー戦動画が再び脚光を浴びる中、前田は26日に自身のツイッターを更新し「PL学園の4番なんで。笑」と、綴っている。

 高校時代は通算27本塁打を誇り打者としても活躍した前田。「4番・投手」と輝かしい経歴にファンも「エースで4番完璧」「今シーズンは打席に入らないのか。ざんねん」「さすがマエケン」「元祖二刀流」と絶賛していた。(Full-Count編集部)