松井裕はオープン戦で防御率7.00、先発転向後も不振続く

 楽天の松井裕樹投手が27日、巨人との2軍練習試合に先発。初回6失点と炎上して降板した。

 初回、先頭・湯浅大の中越え二塁打、吉川大と山下航の四球で無死満塁のピンチを招いた。4番・北村に左前への先制2点打を許すと、石川には左中間へ3ランを献上。球審のストライクゾーンに苦しみ、1死も取れずにいきなり5失点した。

 岸田は右飛、重信は空振り三振に仕留めたが、山本の左前打と二盗で再びピンチを招いた。松原に左翼線適時二塁打を献上。湯浅大の四球でピンチを広げたものの、吉川大は右飛に抑えた。初回だけで打者11人、3四球5安打6失点。2回から左腕・佐藤智が2番手として救援した。

 松井裕は今季から先発に転向。オープン戦では4試合登板し、1勝1敗、防御率7.00。計9イニングで2被弾を含む14安打、5四死球と不安定な投球だった。(Full-Count編集部)