自主練習で上半身の筋力トレーニング、私生活ではトイレ掃除

 DeNAの国吉佑樹投手は29日、自主練習を行った。胸、肩、三頭筋など上半身の筋力トレーニングを精力的に行い、「野球で(モチベーションを)保つのが難しい面があるので、ウエイトトレーニングでの成果がモチベーションです。プロテインを飲み終えた時に1日の達成感があります」とコメントした。

 新型コロナウイルスの影響で開幕が見えず、現在は11、12月に取り組んでいた筋力トレーニングで体力アップを図っているという。「今は体を絞っている時期です。『今日はこの部位』とターゲットを決めて重点的にやっています。プロテインは1日に3回摂っています。朝はオートミールに混ぜて、2回目は練習後、3回目は寝る1時間前。大前提として食事を大切にし、足りないところをプロテインで補うように意識しています」と食生活にも力を入れている。「練習時間が限られているので、当日に練習内容を決めるのではなく、前日までにやることを決めて球場に来ています。実戦が始まった時によりパフォーマンスが上がった状態で迎えたいです」と明かした。

 私生活では第3子が誕生したばかり。「妻の負担を減らすために手伝いをしています。特に力を入れているのはトイレ掃除です。けっこう大変で、流せるトイレクリーナーを使って、タンクの裏までも気にして掃除しています。妻の大変さを実感したので、開幕してからもできるだけ手伝いたいと思います。3人の子供たちと過ごす時間も多いです。一番下の子のおむつを替えたり、泣いているときは抱っこしたりしています。時間がある時は(3兄弟の)上の2人のその日のリクエストに応えて、朝ごはんを作っています。そこでも妻の大変さを改めて実感しています」と妻への感謝の言葉を口にした。

「なかなか今は活動することができず辛いと思います。でも、ひとりひとりの努力や心がけで大きな差が出ると思うので、今は友達と会うのを我慢して感染を食い止めましょう。家でもできるトレーニングや、ネットで見られる野球の映像を参考にするなどして頑張ってください」。野球少年少女へエールを送った。(Full-Count編集部)