ソフトバンク古谷は1月の自主トレ中の投球映像を公開した

 ソフトバンクの古谷優人投手が4月30日、自身のインスタグラムを更新し、1月の自主トレ中に撮影した投球映像を投稿した。鋭く変化するカーブのキレがファンの間で話題となっている。

 最速160キロの直球を武器とする21歳左腕は同僚の野村に対して投球。サイン違いがあったのだろうか。鋭く変化するカーブをキャッチできずにそらしている。古谷は「#1月の自主トレの様子 #キャッチャー野村 #これでも早稲田の正捕手 #バッティングはカリスマ キツい自主トレでした」とコメントした。

 今春キャンプから150キロを超えるストレートを武器に開幕1軍入りへアピールを続けた2016年ドラフト2位左腕。ファンからは「エグい」「スゴすぎてCGみたい」「エグイ キレキレやん」「さすがのキレ」「変化球やばっ!!」「キレが凄い」と衝撃の声が寄せられていた。「野村君頑張ってくれ!!」と気遣うこともあった。(Full-Count編集部)