2006年6月6日の阪神戦でゴンドラで登場した新庄氏を再現

 書道アーティストとして活動し、注目を集めている書道家の原愛梨さんが自身のインスタグラムで公開した、1枚の書道アートが話題を呼んでいる。著名人の姿を書道で象る書道アート。原さんが今回描いたのは、新庄剛志氏だった。

 原さんは「書道アートしりとり」として連日インスタグラム上でしりとり形式で描いた作品を紹介している。そして「し」で描かれたのは、48歳でプロ野球選手としての現役復帰を目指している新庄剛志氏だった。

 阪神や日本ハム、MLBでもジャイアンツやメッツでもプレーした新庄氏。原さんがデザインに選んだのは新庄氏の現役時代でもハイライトとも言えるあのシーンだ。2006年6月6日の阪神戦。地上約50メートルからゴンドラに乗ってグラウンドへと降り立った場面を「新庄剛志」の名前で見事に象って見せた。

 数々の著名人やプロ野球選手、スポーツ選手からもその作品を絶賛されている原さん。今、注目を集める新庄氏の次は、どんな作品を描くのだろうか。(Full-Count編集部)