メジャー通算555本塁打をマークしたマニー・ラミレス氏が台湾球界復帰に意欲

 台湾プロ野球(CPBL)での現役復帰を視野に入れているとされる、レッドソックスなどで活躍しメジャー歴代15位となる555本塁打を記録したマニー・ラミレス氏。すでに獲得意思を見せる球団が現れラミレス氏も「48歳までプレーしたい」と意欲を見せている。地元メディアが伝えている。

 7年ぶりの台湾球界復帰を目指していたラミレス氏。吉報が届いたことを伝えたのは地元ラジオ局「WEEI」だった。記事では代理人のエクトル・ゼペダJr.氏が「神様が彼にメッセージを送って、その結果『また球界に戻れるか、挑戦させてほしい』と彼が思うようになったのだと私は思っている」と語り、CPBLのある球団から連絡があったことを明かしている。

 また、ゼペダJr.氏は「シーズン半ばまで待ってほしいと伝えてきた。そのため、実際に動き出すのはシーズン中盤になってからだろう」と、シーズン途中での移籍が現実的であることを語っている。

 現在47歳のラミレス氏も「私はフリオ・フランコ(元ロッテ)のようになりたいし、48歳までプレーしたい」と意欲を見せている。台湾プロ野球は“世界最速”で開幕し話題となったが、ラミレス氏の復帰でより注目を集めそうだ。(Full-Count編集部)