自主練習ではキャッチボール、ノックなどで汗を流す

 DeNAの三嶋一輝投手が2日、自主練習を行った。キャッチボール、ランニング、ノックなどで汗を流し「投球強度やトレーニングメニューを明確にして日々取り組んでいます」と語った。

 新型コロナの感染拡大で現在は自主練習を行っているが、今一番大切にしていることは「限られた時間と場所でのトレーニングになり、運動量がどうしても減ってしまうので、体重を毎朝、毎晩チェックして、大きな増減がないように気を付けています。また球場に来たときは、足の筋力が落ちないように、ジャンプ系のトレーニングを多めに取り入れています。お腹周りの体幹トレーニングも継続しておこなっています」と明かす。

 プロ野球の開幕は不透明な状況が続くが「開幕を迎えた時にコンディションをピークに持ってこられるように、投球強度やトレーニングメニューを明確にして日々取り組んでいます」とコメント。

 外出禁止中は自宅で過ごす時間が増え「シーズン中は今のように家族と長い時間一緒にいることができないので、家族との時間を特に大切にしています。一緒にいる時間が長いからこそ見えてきた、育児や家事の大変さに、改めて家族に支えられているありがたさを実感しています」と感謝を口にした。(Full-Count編集部)