1000分の1秒のスーパースローで撮影されたチェンジアップの映像を浜口自身が解説

 DeNAが“野球ロス”となっているファン、野球を楽しむ子供たちのために特別公開している選手の投球を収めたスーパースロー動画を球団公式YouTubeチャンネルで公開。浜口遥大投手が“チェンジアップの極意”を明かしている。

 1000分の1秒のスーパースローで撮影されたチェンジアップの映像を浜口自身が解説。ボールの握り、腕の振りが鮮明に分かる内容となっている。

 自身の決め球でもあるチェンジアップについては「真っすぐと同じように腕を振るっていうのをやっている。握りは横浜のピッチャーの中では多分、この握りをしているのは僕だけ。手のひら全体でボールを包むように持って、真っすぐより腕を振るぐらいの意識」と、包み隠さず“極意”を披露。

 緩急をつけタイミングを外すボールだが浜口のイメージでは「遅い球を投げたいとか、そういうのはあんまりなくて。落ちるように、落差をイメージするように投げる。それが結果的に緩急に繋がる。ベースの中で高さのところだけ意識して振ってもらえるコースに投げるイメージ」と明かしていた。(Full-Count編集部)