米地方紙「マーキュリーニュース」が伝える

 元阪神のエースとして活躍したマット・キーオ氏が亡くなった。64歳だった。米メディア「AP通信」など複数の米メディアが一斉に報じた。

 キーオ氏は1977年からアスレチックスの主力投手として活躍。1983年途中にヤンキースへと移籍すると、カージナルス、カブス、アストロズと渡り歩き、1987年に阪神へ入団した。来日1年目から11勝をマークするなど在籍4年間で45勝を記録し、当時の阪神投手陣のエースだった。

 64歳でその生涯を閉じることになったキーオ氏だが、キーオ氏の娘であるカラ・キーオさんにとっては立て続けの悲しい知らせとなったのだという。米地方紙「マーキュリーニュース」がレポートしている。

 父のマット・キーオ氏を亡くした娘のカラさん。実は父を亡くす3週間前には幼い息子、マット・キーオ氏にとっての孫を亡くしていたのだという。記事では「彼の娘カラは、彼の父の死の3週間前に幼い息子を亡くしている。彼女もSNSに父への思いを載せた」とし、カラさんがインスタグラムに綴ったメッセージを紹介した。

 カラさんは自身のインスタグラムで「お父さん、どうか私の息子の面倒を見てあげてね。サークルチェンジアップを教えてあげて、友達の見つけ方もね。今度は天国でおじいちゃんとしての仕事が待っているね」と記し、キーオ氏の冥福を祈っていた。(Full-Count編集部)