1000分の1秒のスーパースローで撮影されたツーシームの映像を山崎自身が解説

 DeNAが“野球ロス”となっているファン、野球を楽しむ子供たちのために特別公開している選手の投球を収めたスーパースロー動画。おおとりを飾ったのは日本の守護神・山崎康晃投手が“ツーシームの極意”を明かしている。

 1000分の1秒のスーパースローで撮影されたチェンジアップの映像を山崎自身が解説。ボールの握り、腕の振りが鮮明に分かる内容となっている。

 山崎はまずツーシームの説明を「シームは縫い目の事をいいます。アメリカではストレートのことをフォーシームといいます。4つの縫い目があるので。空気抵抗が加わって変化が加わって打ちにくくなる」と分かりやすく説明。

 そして世界の強打者から空振りを奪ってきたツーシームの極意を「まっすぐと同じ感覚で投げるのが僕のポイントです。あくまでも落とそうとしない。まっすぐと同じリリースでしっかり指にかける感覚で投げています」と紹介した。

 山崎のツーシームはフォークとも呼ばれるが「ちゃんと指にかかる感覚で僕は投げています。一番、変化しやすい膝下のコーナー。膝下のあたりに投げるということを特に意識しています。ちゃんと制球できればしっかり三振を取れるボールにもなるのでそこだけ間違わないように投げています」と、ワンポイントアドバイスも送った。

 最後は将来のプロ野球選手たちに向け「スーパースローの映像を見てたくさん研究して練習してみてください。そして一人でも多く横浜スタジアムで一緒にプレーできることを楽しみしています」とエールを送っていた。(Full-Count編集部)