元鷹ニコースキー氏、元西武スピリー氏がYouTubeチャンネルで疑問を呈した

 なぜ、清原和博氏は野球殿堂入りしてないの? 元ソフトバンク投手のCJ・ニコースキー氏、元西武のライアン・スピルボーグス氏(スピリー)が両選手のYouTubeチャンネル「スピリー&CJ」で通算525本塁打を誇るスラッガーが殿堂入りしていないことに疑問を呈した。

 スピリーは13年に西武でプレー。08年に現役引退した清原氏と同じグラウンドで戦うことはなかったが、「野球のボールを集める愛好家で野球の歴史も大好き」という助っ人にとっては憧れの選手だったようだ。動画チャンネルで清原氏との思い出のボールを披露した。

 スピリー氏「元西武で、なおかつ500本塁打以上を記録してNPBの歴代本塁打数でトップ8に入る打者であるカズヒロ・キヨハラさんからもらったボールがこれさ。ボールにサインをしてくれないかと、キヨハラさんにお願いしたんだ。キヨハラさんの名前がこうして漢字で載っているよ。『525本塁打、スピルへ』とこのボールに書かれていてね。日本の野球をわかっている人が見れば、これが最高のボールだということは分かるよね」

 清原氏は高卒1年目の86年に31本塁打をマーク。不動の4番として西武の黄金期を牽引し、97年から巨人、06年からオリックスでプレーし、通算525本塁打は歴代5位だ。スピリーが「サダハル・オウの868本塁打は世界記録となっているよね」と水を向けると、清原氏の現役晩年だった07、08年にソフトバンクでプレーしたニコースキー氏は主張した。

 ニコースキー氏「ヤバい数だね。(NPBの歴代本塁打数で)2位はノムラ。君も聞き覚えのある名前だと思う。彼の本塁打は657本。つまりサダハル・オウは2位より200本以上多くの本塁打を打ってることになるね。君が大好きなキヨハラは歴代本塁打数でトップ9に入る打者で、唯一殿堂入りしていない。これはある意味驚きだよ」

スピリー氏「引退して時間が経っていないからじゃないかな…」

 通算本塁打では11位の田淵幸一氏まで殿堂入りしているが、清原氏は殿堂入りしていない。これが不思議だったようだ。スピリー氏、ニコースキー氏は議論を続ける。

 スピリー氏「たぶん彼が引退して時間がそこまで経っていないからじゃないかな。良くわからないけど。素晴らしい選手だったけどね」

 ニコースキー氏「対戦したことはないけど、殿堂入りしていないのは驚きだね。単純にもう少し時間がかかるっていうことなのかもしれないけど。(殿堂入りの)プロセスについては詳しくはないからね」

 スピリー氏「キヨハラのニックネームは“無冠の帝王”となっているのさ」

 ニコースキー氏「500本以上も本塁打を打っている。(MLBより)シーズンが短いのは分かるんだけど、彼がシーズン40本塁打以上打ったことが一度もない。信じがたいことだよ。彼は何年も素晴らしいシーズンを送り、殿堂入りする可能性が高い選手にも関わらずにね。興味深いことだよ」

 清原氏は16年2月に覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕されて有罪判決を受けた。14年からプレーヤー部門で候補者入りしていたが、有害判決が確定したことを受けて表彰対象から除外されている。復帰への道は険しいとされる殿堂入りへの道。現役時代と同じように“大逆転アーチ”はあるのだろうか。(Full-Count編集部)