大谷は年俸7500万円で1試合当たり46万円、来季は大幅増か

 大リーグ選手の年俸がAP通信の調査で明らかになり、エンゼルスの大谷翔平投手は70万ドル(約7500万円)、1試合当たり4321ドル(約46万円)だった。1年目は規定により最低保障額の54万5000ドル(約5800万円)、昨季は65万ドル(約7000万円)。今オフに年俸調停の権利を獲得し、来季は大型契約を勝ち取る可能性がある。

 日本人選手ではヤンキースの田中将大投手が2300万ドル(約24億5400万円)でトップ。1試合当たりは14万1975ドル(約1515万円)だ。カブスのダルビッシュ有投手は2200万ドル(約23億4700万円)、マリナーズの菊池雄星投手は1600万ドル(約17億700万円)。

 レッズの秋山翔吾外野手は600万ドル(約6億4000万円)、レイズの筒香嘉智外野手は500万ドル(約5億3300万円)、ブルージェイズの山口俊投手は317万5000ドル(約3億3900万円)、ツインズの前田健太投手は312万5000ドル(約3億3300万円)、マリナーズの平野佳寿投手は160万ドル(約1億7100万円)だった。

 大リーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が大幅に遅れている。今季の年俸は2か月分が保証された上で、実施された試合数に比例した額が支払われる。(Full-Count編集部=AP)