米ドラフト会議は予定通り6・11から行われる可能性が高いとAP通信が伝えた

 大リーグのドラフト会議は予定通り6月10日(日本時間11日)から行われる可能性が高いとAP通信が伝えた。

 記事によると、MLBのオーナーがドラフト会議で何巡目まで指名するかを今週中に協議するという。大リーグ機構と大リーグ選手会は3月下旬に6月に予定されていたドラフトを7月に延期とし、本来は40巡目まである指名を最少5巡目、21年は20巡目まで減らすことで合意していた。(Full-Count編集部)