元オリックス監督の森脇浩司氏が熱いメッセージ「私のキーワードは感謝、我慢、変化」

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう今、各地で「STAY HOME」の動きが広がっている。一方で、この厳しい状況の中でも医療従事者や社会のインフラを支える人々は、見えない敵が迫る最前線に立ち、私たちの日々の暮らしを支えてくれている。こんな状況だからこそ、誰もが、身近にいる「命を支える人」「生活を支える人」「社会を支える人」に対し、感謝の気持ちを抱いた瞬間があるのではないだろうか。

「Full-Count」では、野球を好きな人が、感謝の気持ちを発信する特別連載【#今こそひとつに】をスタート。リアルな感謝の声をメッセージ動画とともにお届けする。

 第1回はダイエー、ソフトバンク、中日でコーチを務め、オリックスでは監督も務めた森脇浩司氏だ。動画では「医療従事者の皆様方、郵便物の配達を含め運送業の皆さん、スーパーで働いておられます皆さん、ごみ収集のお仕事の皆さん、そして交通機関で働く皆様方」と呼びかけ、感謝のメッセージを送っている。

 森脇氏は「当たり前だった日常がどんどん変わっていく現状の中で、当たり前だったことが決してそうじゃなかったんだなと。素晴らしい人たちの支えで生きてるんだなとたくさんのことに気づかされます」と胸の内を明かし、「私のキーワードは感謝、我慢、変化です」とも話す。「困難は絆を生みますが、批判からは何も生まれません」と語る真意とは……。

――――――――――

 今、コロナ禍で世界が緊張感に包まれている。こんな春を誰が想像できただろう。日本の医療機関は世界最高水準と言われ、医療従事者の方々が日夜、自己犠牲を払って尽力されている中でも、医療崩壊も含め終息が見えない危機状態だと言われている。それぞれが様々な側面を持って生きている。生きるということは変化力を高めることだと思っている。

 誰一人経験のないこの闘いは大変なもの。字のごとく「大きく変わる時」と捉え勇気を持ちたい。アーティスト、アスリートはメディアを通して「STAY HOME」を呼びかけ、募金活動などで社会貢献を行い、タレントの方々も苦しい時間を共有しようと自粛している映像から、元気と勇気を発信している。

「自主努力の中で自粛を継続することが新しいスタートの一番の近道」

 先日、著名なタレントの方が緊急事態宣言発令を受け、ギャラの全額寄付の意志を「売名行為と受け取られる批判を覚悟し……」というコメントを添えて公表された。勇気ある素晴らしい行動でしかない。子どもたちの夢には大人が示してきたものが多分に含まれる。これらの行動にたくさんの子どもたちは強い憧れと大きな夢を抱いたことだろう。

 目に見えない敵と闘う恐怖、終息が見えない不安はあるが、やるべきことが見えないわけではなく明確だと私は思う。ワクチンのないこのウイルスとの闘いは長期戦になる覚悟と絶対終息させるんだという強い気持ちを持つことが我々国民に必要だと強く感じる。

 今、改めてできること、やらなければならないことを考えた時、まずは命を守ること、感染拡大を防ぎ終息させることに焦点を絞ることではないだろうか。アメリカはいつまでも続くものではないと極めて迅速に目に見える形で次々と打ち出した。それは「来たる日を絶対迎えるんだ、その日からロケットスタートすれば十分巻き返せるんだ」というメッセージが込められているように素人ながらに思う。それぞれの国に歴史と文化があり同じようにはいかないだろう。私たち国民は指示待ちにならず、自主努力の中で自粛を継続することが新しいスタートの一番の近道だと思う。

○Full-Countでは、特別連載【#今こそひとつに】をスタートさせました。新型コロナウイルスの感染拡大で社会状況が厳しい中、誰もが「命を支える人」「生活を支える人」「社会を支える人」に感謝の気持ちを抱いた瞬間があると思います。医療従事者や社会インフラの維持に尽力する人たちにその思いを届けたい――。人と人との“距離”が遠い今だからこそ、みんなの心をひとつにしたい――。頑張る人たちにエールと感謝の気持ちを届けるため、様々な「声」を発信していきます。(Full-Count編集部)