テレビ朝日で野球実況を務める三上大樹アナウンサー、野球を始めるきっかけになった甲子園

 Full-Countでは選手や文化人、タレントやアナウンサーら野球を心から愛する人々の「私が野球を好きになった日」を紹介。第12回はテレビ朝日・三上大樹アナウンサー。自身も神奈川の高校球児。小学6年生の時に見た98年夏の甲子園が人生の転機となった。

 少年時代に心が戻る瞬間が誰しもあるだろう。高校球児の姿を見たり、小さい頃に憧れていた選手の現在の姿を見たり……テレビ朝日で野球実況やスポーツ番組に出演する三上大樹アナウンサー(2009年入社)も日々の仕事をしていると、“あの夏”の自分が蘇ることがある。

 1998年8月20日、小学6年生の夏休み。プール学習のため、地元・横須賀で通っていた学校へ行く準備をしていた。横目で見たテレビでは夏の甲子園・準々決勝、横浜高-PL学園の試合が始まっていた。それまでサッカークラブに通っていた三上少年には、高校野球を見るという習慣はなく、“家の近くの高校が試合をしている”というくらいの認識だった。

「プールが終わって、家に戻って、お昼を食べようと思って、テレビをつけたら『まだ試合をやっている……』と。『えっ? 松坂がずっと投げているの?』となりました。その衝撃だけは今でもよく覚えています」

 午前8時30分から始まった試合は、延長17回、3時間37分の死闘の末、決着した。横浜高が9-7で勝利し、エースの松坂大輔投手(現・西武)は250球を一人で投げきった。三上アナはもう、昼食どころではなくなっていた。

「そこから僕はもう野球に魅了されてしまい『松坂ってすごい』『横浜高校ってすごい』と刺激を受けました。準決勝、決勝というのは、もう説明不要ですよね。決勝で見せたノーヒットノーランの瞬間、バックスクリーンに向かってやったガッツポーズ。甲子園ってすごい、僕も野球をやりたいと思って、始めました」

 同じ神奈川県、それも“隣町”ともいえるような距離にある学校に現れたスーパースターの存在が「今思うと、僕のターニングポイントでした」と未来を導いてくれたことに感謝する。松坂の甲子園での躍動を報じるニュースやスポーツ番組を細かく見た。スポーツ新聞も買って読んだ。決勝戦翌日の新聞は今でも大切に自宅の棚の引き出しにしまってある。松坂モデルのグラブも買ってもらった。中学は野球部に入り、背番号1を目標に、野球に没頭する日々が始まった。

 三上アナは甲子園出場こそなかったが、高校も野球を続けた。早稲田大学に進学後も準硬式野球部に所属。埼玉・所沢に近いところに住んでいた時期もあったため、西武に入団した松坂の登板試合を西武ドーム(現メットライフドーム)へ観戦しに行っていたという。スポーツの魅力を言葉で伝えたいという思いが湧き出て、テレビ朝日に入社。スポーツ番組や野球実況として活躍するきっかけとなった。

 転機となった夏から20年後の2018年。“共演”の舞台がやってきた。中日1年目だった松坂がオールスターでファン投票選出されたのだ。中継はテレビ朝日。三上アナは第2戦の実況担当を任された。憧れの人が登板する試合を実況するかもしれない……高鳴る鼓動を抑えるのに必死だった。とにかく準備、準備、準備……。憧れではあるが、ファン目線で中継を届けるわけにはいかない。この年、高校野球100年という節目とあり、出場選手たちには高校時代のことを振り返ってもらっていた。見てもらった野球ファンに失礼のないように、さらに準備に熱が入った。「用意した松坂さん用の資料の紙は文字でビッシリになりました」と振り返る。

 しかし……松坂は球宴第1戦に先発することが決まった。少しだけ残念な気持ちになったが、事態は急展開。自身が実況する第2戦の放送席に松坂がゲスト出演してくれることになったのだ。

松坂登板日が一日ずれる…しかし、ゲスト出演することになり放送席で隣に憧れの人が

 迎えた当日。熊本・リブワーク藤崎台球場。今までにない緊張と興奮が朝から襲っていた。松坂の高校時代のことはもちろん、ソフトバンク時代に同球場の復興のため寄付をしていたことなど頭にインプットして、初対面に臨んだ。

「松坂さんは試合中に放送席に来られて、中継の途中でお戻りになられたので、放送の前後できちんと挨拶もすることができませんでした。隣にいることが信じられなくて、贅沢な時間だったと思います。自分が野球少年に戻っていましたね」

 前日の登板の振り返りや2018年シーズンのこれまでのことを話しながら中継は進んだ。この日、代打で準備も想定していたという話でも盛り上がった。高校野球100年というテーマで、松坂に高校時代で最も印象に残ったシーンを聞いた。本人には、自身が憧れて野球を始めたという過去は伝えていないが、甲子園のどの場面が来ても、即座に実況で対応できる自信はあった。だが、松坂から予想をしていなかった場面が返ってきた。

「松坂さんが挙げたのは、高校2年生の夏の神奈川県大会の準決勝、横浜商戦でした。同点の9回にご自身の暴投でサヨナラ負けとなった試合です。夏の甲子園の決勝戦のノーヒットノーランとか、すごい記録を成し遂げた試合ではなく、先輩たちの夏を終わらせてしまった場面でした。あの負けがあったから、もっと練習をやらないといけないと思ったそうで、それが春夏連覇につながった、と。そういう場面を選ぶところに、驚きと同時に納得というか……。松坂さんの芯の部分を見ましたし、スターと呼ばれる所以なのかなと思いました」

 憧れの念を心の奥にしまい込み、ドキドキしながら中継を届けた。投げる試合を実況するという夢は叶わなかったが、その夢にもまだ先がある。プロ野球が無事に開幕すれば、西武戦で実況できるチャンスがあるかもしれない。ひとつの楽しみとして取っておく。

 あの夏のドラマを超えるような甲子園に魅了されたファンも多いだろう。松坂の投球が横浜高校の“隣町”に住んでいた一人の少年に「憧れ」という大きな影響を与え、今もなお次なる夢を与え続けていた。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)