元格闘家の須藤元気さんが率いる「ワールド・オーダー」が15年楽天の本拠地開幕戦で驚愕始球式

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開幕の無期限延期が決まったプロ野球。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは「パーソル パ・リーグTV」上で公開中の、過去に数々の有名人が登場した始球式動画を紹介。これを見て、少しでもファンの方々が心を癒していただければ幸いだ。

 2015年3月31日。楽天の西武との本拠地開幕戦でマウンドに上がったのは、元格闘家の須藤元気さんが率いる7人組のダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER(ワールド・オーダー)」だった。7人全員がスーツ、楽天キャップ、楽天カラーのネクタイのスタイルで登場。ロボットのような動きで行進してマウンドに上がると、須藤さんを先頭に“千手観音投法”を披露した。須藤さんの投球は外角へのワンバウンドとなったが、スタンドは拍手喝采の大盛り上がり。退場時も全員がロボットのような動きで引き上げた。

 この動画を5年前に公開した「パ・リーグTV」のYouTubeには「これは球の出どころがわからないフォーム」「素晴らしい演出」「是非ともオリンピックの開会式で出演してほしい方々です」「おもろ〜今まで見た始球式の中で一番楽しめる」「全部の手から投げてほしかった笑」「魔球が繰り出されそうなフォームですね……」などとコメントが殺到。426万回再生を超える超人気投稿となっている。(Full-Count編集部)