音楽ソロユニット・ビーグルクルーYASSさん「2人の野球選手が路上ライブでCDを買ってくれて…」

 本来ならば大好きな野球にファンも選手も没頭しているはずだった。しかし、各カテゴリーで開幕の延期や大会の中止が相次ぎ、見られない日々が続く。Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く蔓延する新型コロナウイルス感染の事態の収束を願う方々を取材。野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画「私が野球を好きになった日」の第14回はビーグルクルー・YASSさん。楽天・涌井秀章投手、日本ハム・中田翔内野手らプロ野球選手に数々の登場曲を手掛けるYASSさんに、野球との出会いや今後の音楽活動への思いなどを大いに語ってもらった。

 プロ野球との“出会い”は1枚のCDだった。2005年2月のビーグルクルー結成後。地元・福岡で路上ライブを行っていたところ、190センチ近くある男性2人組にCDを買ってもらった。ホークスに所属していた川口容資、大田原隆太の2選手だった。

「お2人ともリハビリ組。その2人が2軍施設で僕らの曲をかけてくれたそうなんです。ちょうど、その時にリハビリをしていた斉藤和巳さんが気に入っていただいて、ブログに書いてくれて……。それがきっかけで、球団関係者やテレビ局に広まり、登場曲に使うホークス選手が増えていきました」

 2008年。当時ソフトバンク監督だった王貞治氏(現ソフトバンク会長)が退任する際に、その勇姿を称える「ときめきよ永遠に」を作曲。これが球界関係者へ初めて書き下ろした曲だった。その後、ソフトバンクの中継ぎエースだった森福允彦投手が登場曲として使用。日本ハム・中田翔内野手ら他球団選手へ広がっていった。

「森福允彦投手からビジターでやってくる他球団の選手に広がっていき、携帯にその曲を入れていたのが中田翔選手でした。それがきっかけで知人の紹介で食事に行き、意気投合しました。そこからですね。中田選手の『My HERO』の影響がかなりあって、いろんな選手から依頼されるようになりました」

札幌ドームで受けた忘れられない野球の熱「鳥肌がたちました。この歌を作ってよかった」

 元々は「野球選手のオリジナルソングを作ろう」と音楽活動を始めたわけではない。それでも、中田から登場曲としてお願いされて作った一曲は、多くのファンの心をつかんだ。

「最初は誰にでも伝わるような歌詞を書くようにしていたんです。ただ、(中田が)『オレの曲ってのがいい』と言っていたので、『My HERO』は僕が知ってる中田翔そのものを書こうと1日で曲も詞も全部作りました。全ての曲に思い入れがありますが、『My HERO』は人生が変わった曲です。こんなにたくさんの方に届くとは、当初は想定もしていなかったので」

 野球選手での人気も広がり、楽天・涌井、巨人の澤村拓一投手ら多くのプロ野球選手が登場曲として使うようになった。これまでに日本ハム本拠地・札幌ドームの試合前には中田の登場曲「My HERO」などを披露。グラウンドで感じる野球ファンの熱量は今も忘れられないという。

「1回目より2回目がビーグルクルーの認知度が変わってきたなぁという印象でした。そして3回目のパフォーマンスで満員のお客さんの『SHOW TIME』の合唱が、最高に大きくて鳥肌がたちました。本当にこの歌を作ってよかった。中田選手が使ってくれてよかったと思う瞬間でした」

 新型コロナウイルスの影響を受け、プロ野球の開幕は延期に。2月から4月までのライブやイベント出演は全て中止になるなど音楽活動にも大きな影響を及ぼしている。さらに、6月10日にベストアルバム「CREWSING BASE BALL BEST」の発売が控える中、NARIさんが無期限活動休止。2020年は音楽活動の大きな転換期となっている。それでも、YASSさんは野球から学んだことを胸に秘めて乗り越えていくつもりだ。

「ベストアルバムのプロモーション、ライブイベントを1人で回らなきゃいけない。そんな状況なのに、世の中がこの状況ではかなりの打撃ですね。正直、この状況では、発売日もシャレにならない展開になりそうです(笑)。ただ、チームプレーだったり、負けられない気持ちだったり、笑顔を忘れない気持ちだったりを詰め込んでいるので、その気持ちは忘れず、ポジティブにいこうと思います!」

 再びビーグルクルーの音楽がスタジアムに流れ、さらにファンを盛り上げる――。そんな日が必ず来ると心待ちにして音楽活動を続けていく。(小谷真弥 / Masaya Kotani)