新庄剛志氏が自身のインスタグラムで「世界のベストオーダー」を発表

 プロ野球界復帰を目指している阪神、日本ハム、メッツなどで活躍した新庄剛志氏が11日、自身のインスタグラムを更新。新庄氏が考える「世界のベストオーダー」を披露した。

 現在、バリでトレーニングを続け日本球界復帰を目指している新庄氏。NPB、MLBで名選手たちと対戦、時間を共にしてきた男がベストオーダーを披露している(DHなし)。

1 王貞治
2 古田敦也
3 バリー・ボンズ
4 マーク・マグワイア
5 アレックス・ロドリゲス
6 ゲレーロ(ウラディミール・ゲレーロ?)
7 オジー・スミス
8 周東佑京
9 グレッグ・マダックス

 1番には“世界の王”こと通算868本塁打を放った王貞治氏を起用し、2番には首位打者、最多安打を獲得した最強捕手・古田敦也氏の日本人コンビ。そして3番にはMLB歴代1位の762本塁打を誇るボンズ、4番には1998年に当時、世界記録となるシーズン70本塁打を放ったマグワイア、5番にはMLB通算696本塁打のAロッドが入る豪華クリーンアップとなっている。

 日本、世界が誇るスター選手が入る中、8番にはソフトバンクの周東が入っている。これにはファンも「周東入ってる」「周東選手に目をつけるところさすが!」「周東選手すきなんですね!」「流石世界の周東」と大喜び。また、自身が明記したかには触れらていないが、その達筆ぶりに「字が綺麗で驚きました」「文字の美しさに、人となりがあらわれてますね」と驚きの声も上がっていた。(Full-Count編集部)