煤孫伝、戒能朶一、一言多十、赤根谷飛雄太郎

 プロ野球で1試合でも1軍の試合に出場した選手は7000人を超す。選手登録をした選手まで含めれば9000人に上ると推測される。この中には「なんて読むの?」と首をかしげるような「難読」の選手もいた。その中のいくつかを振り返っていく。読みは(苗字・名前)

○煤孫伝(すすまご・でん・つとう)
 岩手県出身の外野手、一塁手。日本大、仙台鉄道局から1937年大東京に入団。名前の読み方には「でん」「つとう」の2説がある。

○戒能朶一(かいのう・だいち)
 広島生まれ、明治大を中退し1938年秋、名古屋軍(のちの中日)に入団した内野手。戦死した。小島茂男、丹羽淑雄に次ぐドラゴンズ三代目の背番号「1」だった。

○一言多十(ひとこと・たじゅう)
 静岡県出身、島田商時代、甲子園で準優勝投手になった。専修大を経て1946年セネタース(急映・東映)入団。のち阪急で投げた。1946年4月29日、中部日本戦では13四球を与えながら勝利投手。これは1994年7月1日の西武戦で近鉄の野茂英雄が16与四球で勝利投手になるまでNPB記録だった。

○赤根谷飛雄太郎(あかねや・ひゅうたろう)
 秋田県出身の左腕投手。法政大から社会人を経て1948年急映(東急)に入団。漢字7文字はプロ野球選手の登録名で最長。漫画「巨人の星」の主人公「星飛雄馬」は、この選手から着想を得たと言われる。引退後は秋田商、秋田市立高の監督として活躍。

○熊耳武彦(くまがみ・たけひこ)
 宮城県出身、台北工業、コロムビアを経て1946年セネタース(急映・東映)に入団した捕手。1948年の急映には、一言、赤根谷、熊耳と難読3選手が在籍していた。

○丁銀隆(ちょうぎん・たかし)
 兵庫県出身、市立尼崎高から1953年近鉄に入団した捕手。1軍出場は1956年の1試合だけ。

○十時啓視(ととき・けいし)
 山口県出身。岩国高から1955年巨人に入団した左打の外野手。1960年に近鉄に移籍し、この年、101試合に出場している。

○朝樹一義世(あさき・かずきよ)
 静岡商から1960年大阪に入団した内野手。一時期は正三塁手だった。本名は朝井茂樹だが、1965年は「朝樹一義世」と登録名を改名。チームメイトは誰も読めなかった。この名前で4月11日の広島戦に出場したが、6月15日のサンケイ戦では元の朝井茂樹にもどった。わずか2か月余の登録名だった。のち広島に移籍。読みは「あさぎ・かずきよ」との説もある。

○交告弘利(こうけつ・ひろとし)
 岐阜県出身、岐阜短大付属高から1963年阪神に入団した左腕投手。5年在籍したが未勝利に終わった。

○忍全功(しのぶ・ぜんこう)
 奈良県出身、御所工から1966年1次ドラフト2位で大洋に。1軍出場のないまま太平洋に移籍。太平洋では主として三塁手として17試合に出場した。

楽天の銀次、フルネームは赤見内銀次、筒香は和歌山県橋本市周辺に約10人と言う極めて珍しい苗字

○無徒史郎(むと・しろう)
 関西大倉高から1963年南海入団。当時としては珍しい右投げ左打ちの内野手として活躍。一時期「史朗」と名乗る。1966年にはサンケイに移籍した。

○畝龍実(うね・たつみ)
 広島出身。1988年NTT関東からドラフト3位で広島に。左腕投手として7試合に登板。引退後は広島の投手コーチとなる。2019年独立リーグ香川から息子の畝章真(うね・たかまさ)が育成3位で広島入団。こちらは右腕投手。

○於保浩己(おほ・ひろみ)
 佐賀県出身、九州共立大から1998年ドラフト5位でロッテに入団した外野手。大型の左打者として期待されたが通算8安打に終わった。

○梵英心(そよぎ・えいしん)
 広島出身。松坂世代の広島の正遊撃手として活躍したから、野球ファンならその名前を読むことができたが、2005年日産自動車から大学、社会人ドラフト3位で入団した当時は、「ぼん」「はん」などと誤読された。現在は社会人野球のコーチ。

○赤見内銀次(あかみない・ぎんじ)
 岩手県出身。盛岡中央高から2005年、高校ドラフト3巡目で楽天に。入団早々、この年から就任した野村克也監督に「読みにくい」と言われ登録名を「銀次」にする。シャープな左打者として活躍中。プロでは一度も苗字を名乗ったことがなかった。

 しかし、2013年台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」では、フルネームで登録され電光掲示板に「Akaminai」と選手名が表示された。このとき日本人記者の間から「あかみない? 誰だ?」と言う声が上がった。

 今季からレイズの筒香嘉智(つつごう・よしとも)の名前を読めない野球ファンはいないだろう。しかし「筒香」は、和歌山県橋本市周辺に約10人と言う極めて珍しい苗字だ。プロ野球の世界では、どんなレアな名前であれ、その選手が活躍すると「難読」ではなくなっていくのだ。(広尾晃 / Koh Hiroo)