【MLB】前田健太、10勝目で猛アピール ファン絶賛「衝撃を受けた!」「極上の投球」

【MLB】前田健太、10勝目で猛アピール ファン絶賛「衝撃を受けた!」「極上の投球」

ダルビッシュ加入で先発ローテ争い激化

 1日(日本時間2日)の敵地ブレーブス戦で今季10勝目を挙げたドジャースの前田健太投手。7回94球で2安打1四球6奪三振無失点の快投を見せ、メジャーデビューから2年連続の2桁勝利に到達した。その好投にはファンからも称賛の声が寄せられた。

 ダルビッシュ有投手がレンジャーズからトレードで加入し、先発ローテ争いが激化する中、快刀乱麻のピッチングを見せた前田。チームを9連勝に導いた投球にドジャースファンからも称賛の声が上がった。

 前田はこの日、5回先頭フラワーズに初安打を浴びるまでノーヒットピッチング。7回まで無失点に抑え、3点のリードを守ってマウンドを降りた。ドジャースは救援陣が2点を失ったものの、3-2で勝利。前田にとっては先発ローテの生き残りが激化する中で猛アピールのマウンドとなった。

 球団公式ツイッターでは前田が奪った6三振の動画を紹介するとともに、「ケンタ・マエダは今夜圧巻だった」と絶賛。すると、ツイッター上では称賛の声が相次ぎ、「今夜のケンタのパフォーマンスに衝撃を受けた! あまりにも堅実だった」、「彼のこんな力強い投球は見たことがなかった」、「これを待っていたんだ」、「8回も見たかったよ」などのコメントが寄せられ、「同感だ。ケンタ・マエダの極上の投球だった。誰が先発ローテーションで生き残るのか、健全な競争だ。なんて素晴らしい頭痛のタネなんだ」、「みんな健康なら誰がブルペンに回るのか興味深いよ」、「このチームは凄まじい選手層だ」など先発ローテ争いに注目する声も上がった。

 前田が7回以上を投げたのは6月27日のエンゼルス戦以来、今季4度目。また先発試合で無失点でマウンドを降りたのは今季2度目だった。ダルビッシュの加入で発奮した格好の前田は今季19登板(17先発)で10勝4敗、1セーブ、防御率3.79に。今後も好投を続け、ローテ生き残りをアピールしたいところだ。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索