【MLB】ダルビッシュに強力援軍 同じトレード経験のド軍投手コーチが協力を約束

【MLB】ダルビッシュに強力援軍 同じトレード経験のド軍投手コーチが協力を約束

34年前にレ軍からド軍へトレードされたハニーカット氏「合わせなければいけないのは我々」

 トレード期限にレンジャーズからドジャースへ電撃トレード移籍したダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、敵地メッツ戦で新天地での“デビュー”を迎える。メジャー6年目と経験豊富な右腕だが、トレード移籍は初めて。リーグも変わり、投手が打席に立つなど環境の変化は大きいが、強力な助っ人が名乗りを上げた。34年前の1983年、ダルビッシュ同様にレンジャーズからドジャースへトレード移籍したリック・ハニーカット投手コーチだ。2人が共有する数奇な運命について、地元紙「LAタイムス」電子版が伝えている。

 1983年、ナ・リーグ西地区は首位ブレーブスを2位ドジャースが追う展開だった。この年2度目の球宴出場を果たし、14勝8敗、防御率2.42と大活躍していた左腕ハニーカットは、後にワールドシリーズMVPを獲得する右腕デーブ・スチュワートと交換でドジャースにトレード放出された。

 記事によれば、投手コーチは移籍2戦目までは好投したが、3戦目から状態が急変。その後は期待された結果が残せず、ドジャースは地区優勝したものの、プレーオフでは救援に回されたという。期待されてトレード移籍するプレッシャーを経験し、熟知するだけに、ダルビッシュに対しても協力を惜しまないそうだ。

 自身の経験を踏まえ、ダルビッシュの活躍に不可欠なのは、捕手との関係構築だと話したそうだ。

「今まで投げたことがない人に投げるんだ。彼がキャッチャーと同じ見解を持てるようになることが、私の主な責任だ」

 さらに、ダルビッシュが渡米した際に直面した変化に比べれば、今回のトレードで経験する変化は少ないであろうことを指摘。その上で「彼は何かを変える必要はない。彼に合わせなければならないのは我々の方だ」と、右腕が安心して投げられる環境作りも約束したという。

 ドジャース投手コーチとして斎藤隆、黒田博樹、前田健太らをサポートし、日本人投手を熟知するだけではなく、まったく同じトレード経験を持つハニーカット投手コーチの存在。ダルビッシュにとって、これ以上心強い援軍はいないだろう。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索