日ハム逆転負け、再び借金「28」に 栗山監督「謝って済むことではないし…」

日ハム逆転負け、再び借金「28」に 栗山監督「謝って済むことではないし…」

大谷は「状態上がってきた」も、4番を外れる理由は「いつでもありますけど」

 日本ハムは5日、本拠地でのオリックス戦に4-6で敗れた。1点のリードの7回に2番手・宮西がマレーロに同点打を浴びると、3番手・田中豊がロメロに勝ち越し2ランを被弾。そのまま敗れた。

 連勝はならず、借金は再び「28」に。栗山監督はスタンドを満員で埋めたファンに「本当に申し訳ない」と謝罪。勝利投手にはなれなかったものの、6回4安打3失点と粘りの投球で試合を作った先発・上沢については「すごく評価できる」と称えた。

――満員のスタンドだった。

「本当に申し訳ないです。それは重々わかっていたし、みんなもああいう形で1回逆転してというところは良かったんですけど。謝って済むことではないし、ファンの皆さんが喜んでくれるチームに持っていくしかない。結果がすべてなので、しっかりやっていきます」

――先発の上沢投手の出来について。

「ああいう中でよく粘ったし、すごく評価できる。内容は良かったと思います」

――2番の松本選手が得点に絡んだ。

「本当によく頑張りましたね」

――1点差に詰め寄ってレアード選手の打席、あそこはどう見ていたか。

「あれがレアードの真骨頂。集中力がありましたね、読みも含めて」

――大谷選手が5打席立ったが、状態について。

「いろいろ確認したいことがずっと長い間あって、何度も言っていますけど、やっと状態が上がってきているのでね。技術的なものとか結果を出すのはこれから」

――今のところ4番を外れる理由はないというところか。

「いや、いつでもありますけど」

――明日、上原投手が初勝利を目指す。

「勝つためにやっているので、勝ちいってほしいし、期待している」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索