ダルビッシュのデビュー戦は「監督のハグに値する」 女房役はコンビに好感触

ダルビッシュのデビュー戦は「監督のハグに値する」 女房役はコンビに好感触

ドジャース移籍後初登板で初勝利、7回3安打無失点10奪三振の好投

 ドジャースでの初登板で鮮烈のデビューを飾ったダルビッシュ有投手。4日(日本時間5日)の敵地メッツ戦で初回にピンチを招きながらも自身の好守で無失点で切り抜けるとその後は安定感を増していき、結局、7回を3安打1四球無失点、10奪三振の好投を見せた。チームは6-0で勝利し2連勝。ダルビッシュは6月12日のアストロズ戦以来、約2か月ぶりの白星で7勝目を挙げた。このデビュー戦を米メディアは「力強いハグに値する」と称賛している。

 初回、先頭のコンフォートに初球を右前に運ばれると、カブレラをカーブで空振り三振に仕留めた後にブルースに四球。いきなり1死一、二塁に直面した。それでも4番セスペデスを左飛に打ち取った右腕は2死一、三塁となった場面でグランダーソンの強烈なライナーに素早く反応して好捕。自身のファインプレーでゼロで切り抜けた。

 味方打線が1回、2回とソロ本塁打で得点する中、ダルビッシュは2回以降もスコアボードにゼロを並べ、5回まで毎回の7奪三振。リードが6点に広がった7回にはグランダーソン、ウォーカー、ロサリオと3者連続で空振り三振に斬り、今季5度目の2桁奪三振を記録した。この回で99球に達したダルビッシュはここで降板。ダグアウトではデーブ・ロバーツ監督に抱擁されるシーンもあった。

 試合後、この場面を特筆したのはESPNだ。「抱きしめたくなるユウ:ダルビッシュのドジャースデビューは力強いハグに値する」との見出しで特集記事を掲載。指揮官をはじめ、チームメイトが好投の右腕に賛辞を贈る様子をレポートした。

女房役はタッグに手応え、守護神は大歓迎「みんな興奮していたよ」

 記事では「ダルビッシュのパフォーマンスの後、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は明らかに喜びに満ちていた」と描写。指揮官は記事の中で「序盤、いくつかタフな打席があった」としつつも、「最終的に、ユウはファストボールで切り抜けた」、「非常に計画的で整然としていた」と称賛している。

 また女房役を務めたグランダルも「以前はストライクをあまり取られなかった球が数球あった。彼の顔が明るくなったのが分かるだろう」と振り返り、「彼がもっとここで投げれば、より一層あのような判定を目にすることになるだろう」と右腕とのコンビに手応えを口にした。

 さらに守護神ジャンセンもダルビッシュの加入について「みんな興奮していたよ」と語っており、「僕たちの目標はワールドシリーズ優勝だ。だから彼が来て、彼の投球を見れるのが僕たちは嬉しいんだよ」と歓迎ムードを漂わせている。

 この日の試合中、レンジャーズの地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」のエバン・グラント記者は自身のツイッターで「ダルビッシュはトミー・ジョン手術後、マウンドで少なくとも3点の援護を受けた試合では13勝0敗だ」とレポート。そのデータ通り、6点の援護を受けたこの日はきっちりと白星を手にし、早速、周囲からの信頼を勝ち取った。

 77勝32敗でメジャー最高勝率.706を誇るチームで上々のデビューを飾った右腕。ここからどれほどの白星を積み重ねるのか。ここまで23登板で7勝9敗、144投球回で158奪三振、防御率3.81。今夏のトレード市場の目玉とされた右腕にはワールドシリーズ制覇請負人として大きな期待が寄せられている。(Full-Count編集部)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索