イチロー3061安打で“ビジオ超え” ヒューストン地元紙も注目「不老の奇跡」

イチロー3061安打で“ビジオ超え” ヒューストン地元紙も注目「不老の奇跡」

代打でセンター前ヒット、解説者も「素晴らしいスイング」と唸る

 マーリンズのイチロー外野手は4日(日本時間5日)、敵地でのブレーブス戦に代打で出場し、センター前ヒットを放った。メジャー通算3061安打として、クレイグ・ビジオを抜いて歴代単独22位に浮上。米メディアも続々と速報しており、ビジオがキャリア一筋でプレーしたアストロズの本拠地ヒューストンの地元紙も「不老の奇跡」と称えている。マーリンズは3-5で敗れ、連勝は2で止まった。

 2点を追う8回、イチローは先頭の中継ぎ左腕ガルシアの代打で登場。右腕ジョンソンの初球を捉え、センター前に運んだ。後続が倒れ、得点にはつながらず。マーリンズも追いつくことが出来ずに敗れた。しかし、地元テレビ局の実況はヒットを打った瞬間に“ビジオ超え”を伝え、解説者も「素晴らしいスイング」と唸る一打だった。

 イチローが抜き去ったビジオは、1987年のドラフト1巡目でアストロズに入団し、引退するまで移籍することなく同球団でキャリアを全うした名選手。88年にメジャーデビューを果たすと、07年までの20シーズンで3060安打を放った。2015年には米国野球殿堂入りも果たしている。

ビジオが所属したアストロズの地元紙は「球界における不老の奇跡」

 地元のレジェンドを背番号51が超えたことについて、「ヒューストン・クロニクル」は「歴代通算安打で、イチローがクレイグ・ビジオを抜く」と速報。記事では「43という成熟の年齢にして球界における不老の奇跡であるイチロー・スズキは、金曜日夜にマーリンズがブレーブスに3-5で敗れた試合で8回に代打で安打を放った。そして、アストロズのレジェンドであるクレイグ・ビジオを抜いた」と伝えた。

 一方、マーリンズの地元紙「マイアミ・ヘラルド」も「8回に代打で安打を放ち、イチローは通算3061安打を記録。クレイグ・ビジオを抜いた」と速報。MLB公式サイトは「歴代通算安打でイチローがビジオを超える 」とのタイトルで伝え、「華々しいキャリアにおいて、マーリンズのイチロー外野手はジム・ジョンソンを相手に多くの成功をあまり収められずにいた。金曜日よるまで、43歳はこのリリーフ投手に対して11打数2安打としていた」と相手投手を苦手にしたいたというデータを紹介。その上で「通算3061安打を記録し、この象徴的外野手はクレイグ・ビジオを抜き22位となった」とレポートした。

 歴代21位はキャップ・アンソンの3081安打。今季はメジャー最強とも評される外野トリオが好調で、イチローは出場機会が限られている中、チーム107試合消化時点で31安打となっている。今季は残り55試合でどこまでヒットを積み上げられるのか、注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索