「空中回転」バックホーム&膝立ち送球 三塁手の驚愕美技連発でファン総立ち

「空中回転」バックホーム&膝立ち送球 三塁手の驚愕美技連発でファン総立ち

インディアンス25歳の美技にスタンディングオベーション、地元メディアも「これぞメジャー」

 インディアンスの25歳の三塁手が、驚異的な美技を1試合に2度も見せ、米国で大きな話題となっている。

 コロンビア出身のジオバニー・ウルシェラが輝きを放ったのは、4日(日本時間5日)の本拠地ヤンキース戦だ。まずは4-1と3点リードで迎えた5回。1死一、三塁のピンチでヤンキースの新星C・フレイジャーが高いバウンドのゴロを放つと、三塁線を抜けようかという打球に素早く反応し、ジャンプしてつかみ取った。

 ファウルゾーン方向へと体が流れていたが、ウルシェラはなんと再びジャンプして、本塁への送球を選択。苦しい体勢とは思えない、正確で力強いボールを送り、三塁走者のトレイエスを刺した。衝撃的な美技に、場内は割れんばかりの大歓声。そして、スタンディングオベーションに包まれた。

 地元テレビ局の実況は「ウルシェラの素晴らしいプレーです。アウトにしました! ジオバニー・ウルシェラ、なんて素晴らしいプレーでしょうか!」と大絶叫。解説者のリック・マニング氏も「ワオ。これがビッグリーグのプレーです。彼にしか出来ないプレーです。信じられないプレーです。完璧なストライク送球をしました。大きいプレーです」と脱帽した。

 実況はリプレーを見ながら、再び「この送球を見てください。空中で回転しました! スタンディングオベーションです」とまくし立てる。マニング氏も「なんて美しいプレーしょうか」と、称賛し続けた。

膝つきダイレクト送球には解説者も脱帽の笑い「ハハハハハ」

 ただ、この日のウルシェラはこれだけでは終わらない。6-1とリードが5点に広がった6回。今度は1死からホリデーが三遊間へ放ったゴロにダイビング。打球をグラブに収めてから、回転して立ち上がることなく膝をついたまま送球。ダイレクトで一塁手サンタナのグラブに届く力強いボールで、アウトに仕留めた。

 ここでも地元テレビ局の実況は「間にゴロが飛びます。ダイビングします。ウルシェラが止めます。送球してアウトにしました!」と絶叫。「ハハハハハ」と脱帽の笑い声を発するマニング氏の横で「信じられません! ウルシェラが魅了し続けます」と驚きを隠せなかった。

 2つの驚異的なプレーはチーム、そして先発バウアーを助け、インディアンスは7-2で快勝した。2015年にメジャーデビューも、昨年は1度も試合に出場できずマイナー生活を続けるなど、MLB通算98試合出場という“新星”ウルシェラ。名手として、名前を覚えておいたほうが良さそうだ。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索