松商学園、打線爆発で快勝 21安打12得点の猛攻で17年ぶり初戦突破

松商学園、打線爆発で快勝 21安打12得点の猛攻で17年ぶり初戦突破

先発の青柳は3失点完投

 第99回全国高等学校野球選手権大会は9日、大会第2日が行われ、第2試合は松商学園(長野)が土浦日大(茨城)に12-3で大勝し、2回戦進出を決めた。

 松商学園は初回に藤井のタイムリーで1点を先制。2回にも吉川の二ゴロの間に1点を追加した。6回には、吉川がタイムリーを放ち3点目。そして、5回には北原のタイムリーで3点目と着実に得点を重ねる。

 6回には森田のタイムリー、笠原の犠飛で2点を加える。6回に1点を返されるも、7回に藤井のタイムリー、相手のミスで2点を追加。8回には3本のタイムリーで3点を叩き出し、12得点とした。

 8回に2点を返されるも、9回に1点を加えると、先発の青柳は3失点完投。打線は21安打12得点の猛攻を見せ、17年ぶりに初戦を突破した。(Full-Count編集部)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索