葛藤続く西武・森、ハム斎藤佑から放った本塁打は“不安払拭”の一発に

葛藤続く西武・森、ハム斎藤佑から放った本塁打は“不安払拭”の一発に

西武・森がハム斎藤佑から逆方向へ復帰後初本塁打

 8日の2軍戦・日本ハム戦で1打席に立ち、実戦復帰を果たした西武・森友哉が、9日の同2戦目で早くも本塁打を放って見せた。

 この日2打席目となった5回裏。日ハム2番手・斎藤佑樹投手の2球目を、レフト方向に完璧にとらえた。

「左肘を骨折してから、左手の使い方が上手くできなくて、いろいろ悩んでいたのですが、上手く左手を押し込むことができました」

 バットを全力で振れるまでのリハビリ期間も苦しかったが、その後、全体練習に合流してからも、「今度は、また別の悩みで苦しい」。5か月近く“野球”から離れたため、完全に鈍ってしまった感覚。怪我をする以前のように思い通りに体の動かないもどかしさに、葛藤は続いていた。

 その中で、復帰後2試合目、3打席目という早い段階での一発は、やはり大きかった。特に、逆方向への打球だったことが、本人を納得させた。

不安払拭の一発、「早く本調子に持っていきたい」

「引っ張るホームランよりも、逆方向に大きいのが打てたというのは、左肘をかばっていない証拠。よかったです」

 練習では払拭できていても、いざ実戦になると、無意識のうちに患部をかばってしまうのではないかという不安も、この一本で消えた。

「自分の中で、甘い球をとらえきれていない部分がまだあって、今日も何球かありました。そういう意味でも、まだまだ本調子ではない。試合数をこなして、できるだけ早く本調子に持っていきたい」

 目指すところはまだ先だが、完全復活へのステップは着実に進んでいる。(上岡真里江 / Marie Kamioka)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索