9勝目逃した田中将大、際どいコースにボール判定連発で「苦しくなった」

9勝目逃した田中将大、際どいコースにボール判定連発で「苦しくなった」

5回途中で88球、ジラルディ監督「疲労がたまっている懸念があった」

 ヤンキースの田中将大投手が9日(日本時間10日)の敵地ブルージェイズ戦で勝利投手の権利を得る直前で降板となり、9勝目を逃した。この日は5回途中2安打5四球3失点(自責2)で防御率4.92。ヤンキースは11-5で勝利。試合後、ジョー・ジラルディ監督は「疲労がたまっている懸念があった」と降板の理由を説明している。地元メディア「ノースジャージー・コム」が伝えている。

 初回を3者凡退に仕留めた田中だが、2回以降は四球を連発して崩れていった。2点のリードを受けた2回にピアースに四球を与えると、ピラーに左翼線二塁打を浴びて無死二、三塁に。ここで青木宣親の二ゴロの間に1点を失った。

 グレゴリウスのソロ弾でリードを再び2点を広げた直後の3回には2四球などで1死満塁のピンチを招くと、ピアースに犠飛を浴びて1点差に。さらにヤンキースが3点を加えた直後の5回にはバティスタに左中間へソロ弾を浴びると、直後、ドナルドソンに四球を与えたところで降板となった。

田中、際どいコースを「全部ボールだと言われて苦しくなった」

 この日は5回途中で88球を投げ、キャリアワーストの与四球5。6-3とリードした状況で無念の降板となり、9勝目はお預けとなった。

「ノースジャージー・コム」によると、ジラルディ監督は試合後、「彼のスプリットは最高というわけではなかった」と振り返り、降板について「疲労がたまっている懸念があった」と説明した。記事では「代名詞の変化球(スプリット)なしではタナカは脆弱だった」と指摘した。

 一方、田中は地元メディアの取材でスプリットの影響について「もちろんありますけど、それでどうしようもないということになるわけではない」と語り、「際どいところ、際どいところと投げていって少しずつそれが全部ボールだと言われて苦しくなった部分もある」と振り返った。

 今季は23登板で8勝10敗。ここ最近は投球内容も上向いていたが、思うように勝ち星を積み重ねられない状況が続いている。(Full-Count編集部)

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索