ソフトBモイネロ、立ち上がりに3ボールも…「リリースポイント修正」で快投

ソフトBモイネロ、立ち上がりに3ボールも…「リリースポイント修正」で快投

1点差の8回に登板して今季3ホールド目「とにかく四球は出しちゃいけない」

 ソフトバンクのモイネロが10日のロッテ戦、6-5と1点差に追い上げられた7回に森の後の3番手で登板。追い上げムードのロッテ打線の流れを断ち切り、勝利に貢献した。

 3回に東浜から2点タイムリーを放った好調・角中にスリーボールと不安なスタートも、「リリースポイントの修正をして、立ち直ることができた」と、フルカウントから外角148キロの速球で空振り三振。4番の鈴木も147キロの速球で連続三振に斬って取り、福浦も簡単に一ゴロに仕留めて、サファテにバトンを繋いだ。

「とにかく四球は出しちゃいけないと思った」とモイネロ。7月31日の日本ハム戦(東京ドーム)から遠征が続いているが、8月5日の西武戦では今季初セーブもマーク。「遠征の疲れはない。より一層いいピッチングをしたい」と言う。育成から6月16日に支配下選手登録され、16試合で2勝1敗1セーブ3ホールドと“お得感”が増している。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索